スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
犬島銅精錬所跡
01.jpg 02.jpg 03.jpg

04.jpg 05.jpg 06_.jpg

07.jpg 08.jpg 09.jpg


島の東南部に静かにたたずむ銅精錬所跡。
「鉄人28号」のロケや維新派の「カンカラ」の舞台など、
映画のロケ地やアートイベントの舞台としても有名です。
現在は、私有地のため立ち入ることは出来ませんが、
この地を求めてくる者は後を絶ちません。
ツタや草木に浸食されながらも、かつての威容を静かに主張している姿は、
ラピュタの世界を思い起こさせます。
島であったからこそ残された産業遺跡ともいえるでしょう。


10.jpg 11.jpg 12.jpg 13.jpg



【2007/05/18 12:12 】 | 犬島風景 | コメント(2) |
<<犬島の夜景 | ホーム | 犬島は猫島?>>
コメント
懐かしいです
小学生の頃に海水浴によく犬島に行ってました。精錬跡地でレンガを拾って遊んでました。

ツタの生えた壁の空間は小さいながらも目に焼きついています。

この前、20数年ぶりに急に犬島に行きたくなって行ったら私有地で入れないとのこと。
ベネッセさんが買ったらしいですね。

ずっとそこに「ある」ことも素敵なことだと思うのですが何か新しい形で進化していかなくてはいけないんでしょうかね・・・。
チョッピリさみしいです。
【2007/06/29 21:56】| URL | くれな #-[ 編集] |

そうですね。
何か新しい形で進化してしまうことは、私も残念です。時代の変化と共に朽ち果て、植物に飲み込まれ、土へと帰っていく・・・そのような姿を見ていきたかったのですが、それはそれで、受け入れていくしかないのでしょう~。
「新たなる廃墟」に期待したいと思います。
【2007/07/02 10:08】| URL | 青地大輔 #N58f3NQc[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。